32歳既婚男性会社員の愛人日記

僕の愛人は、妻の姉だった。
彼女と愛人関係に発展したきっかけは昨年の夏、彼女が離婚して実家に戻っていたときのこと。
お義父さんとみんなでお酒を飲みながら楽しく話をしていると、お義父さんが今まで触れづらかった話を切り出した。
「あゆみもこうして戻って来ちまったなあ。
あいつの浮気が原因なんだってな」 浮気が原因だったんだ。
初耳だった。
「そうなのよ、浮気されてまで一緒にいたくないわよ」 彼女は妹である妻とは違って、活発で元気のいい明るい女性だった。
妻の方がおとなしめな印象だ。
彼女は元夫のぐちをあれこれ言い始めるのだが、僕は少し腑に落ちないことがあった。
一度、旦那さんにあったことがあるけど、あの人は浮気とか愛人とか最も縁がなさそうな人だ。
彼女が話している内容はあまりにイメージと異なる。
どうしても気になった僕はお義姉さんと2人きりになった際に、さりげなく疑問をぶつけてみた。
「あの旦那さんが浮気するなんてね、僕も会ったときのイメージと全くかけ離れているからびっくりしましたよ」 「ええい!うるさい!」 何か気に障ることがあったのか、単純に酔っぱらっていたのか、彼女は僕を押し倒し、おもむろにズボンを下ろしてフェラチオをし始めたのだ。
「えっ、ちょっと!」 彼女のテクニックはすごかった。
このとき僕は気付いた。
ああ、そうか。
浮気をしたのは旦那さんじゃなくてお義姉さんのほうだったんだ。
この人、相当淫乱だな。
ここで、僕の悪い虫がうずうずとし始め、愛人関係が始まったのだった。